あなたは16時間、食事抜きに耐えられますか!?

美容にも効果あり!?ダイエットの基本技5つ

無理なくダイエット!あなたにピッタリのダイエット方法とは?

食べていいのは8時間だけ!

8時間ダイエットとは、一日のうちで食べていいのは「8時間だけ」というものです。それ以外の16時間は何も食べずに、水分だけ摂るというダイエット方法です。

つまり、8時間でその日の食事をすませることになるので、一日2食となります。

16時間食事を行わないことで、長時間胃腸を休めることができます。そのおかげで内臓疲労の回復が期待できます。8時間ダイエットには、断食ダイエットと同様の効果があるでしょう。

内臓を休ませることで目覚めが良く、リフレッシュできます。8時間ダイエットは、美容や健康にも効果のあるダイエット方法です。

問題なのは、8時間をいつに設定するかですが、朝型の人と夜型の人で違いが見られます。

朝型の人で、朝食を取る人は7時に食べるとすると、15時まで食事をしていいことになります。普通はこの後、朝型の人であれば20時ぐらいに夕飯を取ることになりますから、1食抜く計算です。

昼の12時まで寝ている夜型の人は、通常13時ぐらいに昼食を取っているとすると、食事をしていい時間帯は、夜の21時ぐらいまでです。夜型の人が毎晩3時ぐらいまで起きていると仮定すると、この次の食事は午前1時か2時頃になるのではないでしょうか!?

朝型の人も夜型の人も、8時間ダイエットを行えば、1食抜くことで痩せることができるでしょう。

8時間ダイエット向きの人

8時間ダイエットに向いている人は、どちらかと言えば朝型の人ではないでしょうか!?

朝型の人が食事をしていいのは15時までなので、夕飯を抜くことになります。

それに対して夜型の人は、毎日夜食を食べていなければ、通常も起きるのが遅いでしょうからたいして影響は出ないことになります。

このダイエット方法は、通常3食のところを2食にするから痩せるというものだからです。毎日2食しか食べていない人は、このダイエットの対象外です。

8時間ダイエットの注意点

8時間ダイエットを行う際に気をつけるポイントですが、8時間は何を食べてもいいと言っても、“大食い”には気をつけてください。

相撲取りが良い例ですが、相撲取りは一日2食と言われていますが、あのように太っています。たとえ一日1食しか食べなかったとしても、その1食で高カロリーの食事をすれば太ります。

朝型の人が、「食事ができるのは15時までだから」と言って、15時までに“食いだめ”を行うと、痩せるのは難しくなります。